SQLServer2005:Vistaへインストールするときの注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セットアップ プログラムの [システム構成チェック] ページの [IIS 機能要件] で警告メッセージが表示されたときは下記のIIS 7 コンポーネントがインストールされているかチェックする。

  • Static Content
  • Default Document
  • HTTP Redirection
  • Directory Browsing
  • ASP.Net
  • ISAPI Extension
  • ISAPI Filters
  • Windows Authentication
  • IIS Metabase
  • IIS 6 WMI

インストールされてなければ、「コントロールパネル」⇒「プログラムと機能」⇒「タスク:Windowsの機能の有効化または無効化」で、下記を追加する。

「Internet Infomation Services」

「Web管理ツール」ー「IIS6と互換性のある管理」

  • IIS6 WMI互換性
  • IISメタベースおよびIIS6構成との互換性

「World Wide Webサービス」

「HTTP共通機能」

  • 静的コンテンツ
  • 規定のドキュメント
  • HTTPリダイレクト
  • ディレクトリの参照

「アプリケーション開発機能」

  • ASP.NET
  • ASP(クラシックASPが必要なら)
  • ISAPIフィルタ
  • ISAPI機能拡張
  • ※開発なら全て追加しても良いかも。

「セキュリティ」

  • Windows認証
  • ※開発なら全て追加しても良いかも。

詳細はこちら
Windows Vista または Windows Server “Longhorn” の Server Core インストールが実行されているコンピュータ上で、SQL Server 2005 セットアップ プログラムの [システム構成チェック] ページに警告メッセージが表示される

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.