SQLServer2005:クライアントからの接続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントからのDB接続を可能にするには下記設定を確認すること。
確認は、「スタート」⇒「Microsoft SQL Server 2005」⇒「構成ツール」⇒「SQL Server セキュリティ構成」で確認できる。

確認内容

下記のサービスが実行中

「SQL Server 構成マネージャ」-「SQL Server 2005 のサービス」

  • SQL Server({インスタンス名})
  • SQL Server Browser

※SQL Server Browserは複数インスタンスを異なるポートで使用の場合のみ(かな?)

ネットワークの構成でTCP/IPが有効

「SQL Server 2005 ネットワークの構成」ー「{インスタンス名}のプロトコル」

  • TCP/IPを有効化

※変更したらサービスの「SQL Server({インスタンス名})」を再起動する

ファイアウォールでsqlservr.exeとsqlbrowser.exeの例外を作成

  • sqlservr.exeを追加
    パスは、「SQL Server 構成マネージャ」-「SQL Server 2005 のサービス」の対象となるサービスのプロパティで詳細タブの「インストールパス」へ「\Binn\sqlservr.exe」を付加する。
  • sqlbrowser.exeを追加
    パスは、「C:\Program Files\Microsoft SQL Server\90\Shared\sqlbrowser.exe」

関連

SQLServerインスタンスをファイアウォールの例外として追加する

詳細はこちら

リモート接続が許可されるように SQL Server 2005 を構成する方法

関連記事:

Pocket
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.