SQLServer2005:SSIS(Integration Services)サービスの構成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SSISはインスタンスの区別はなく、インストールしたサーバーに1つだけとなります。サービスとしてはひとつですが、Integration Services のプログラムは各インスタンス別に分けることができます。
しかし、SQL Server Management Studio で接続した際に表示される格納されたパッケージ内はなにも見えません。
個々のインスタンス別に表示したいときは、構成ファイルを編集する必要があります。


構成ファイルは、%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\90\DTS\Binn フォルダにある MsDtsSrvr.ini.xml です。
もし、「INST_A」と「INST_B」という2つのインスタンスを表示したい場合は、下記のようにします。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<DtsServiceConfiguration 
  xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
  <StopExecutingPackagesOnShutdown>true</StopExecutingPackagesOnShutdown>
  <TopLevelFolders>
    <Folder xsi:type="SqlServerFolder">
      <Name>MSDB_INST_A</Name>
      <ServerName>ServerName\INST_A</ServerName>
    </Folder>
    <Folder xsi:type="SqlServerFolder">
      <Name>MSDB_INST_B</Name>
      <ServerName>ServerName\INST_B</ServerName>
    </Folder>
    <Folder xsi:type="FileSystemFolder">
      <Name>File System</Name>
      <StorePath>..\Packages</StorePath>
    </Folder>
  </TopLevelFolders>  
</DtsServiceConfiguration>

構成ファイルを編集したら「SQL Server Integration Services」サービスを再起動します。
起動後に SQL Server Management Studio で接続すると、上記で設定した「MSDB_INST_A」と「MSDB_INST_B」が「格納されたパッケージ」に表示されてるはずです。
参考:
Integration Services サービスの構成

関連記事:

Pocket
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.