会計:【預金出納帳】売上が振込まれたとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

請求した金額が銀行へ振込まれたとき
(請求した金額がそのまま振込まれ、振込手数料や立替経費が含まれないとき。含まれるときは一度下記のとおり入力後、次の入力を行う。)

相手勘定科目:売掛金
相手補助科目:取引先社名
摘要:預金通帳のお支払内容転記(請求書番号など追記するとなおよし)
預入金額:預金通帳のお預かり金額転記

実際の振込金額が請求金額から振込手数料を引かれた金額の場合は、明細の先頭で右クリックしてポップアップメニューから「振替伝票へ変換」を選択する。「選択した仕訳を振替伝票に変換してもよろしいですか?」確認で「はい」をクリックすると振替伝票入力画面に変わる。
まず、貸方金額を実際に請求した金額に変更する。
すると画面下の貸借バランスにマイナス金額が表示されるが、これが振込手数料となる。
振込手数料を明細の2行目へ下記のとおり入力する。

借方勘定科目:支払手数料
借方補助科目:銀行振込
借方金額:貸借バランスのマイナス金額をプラスとして

これで貸借バランスが0になるはず。
画面右上の登録ボタンをクリックして入力を確定する。
新規作成画面になったら画面右上の「閉じる」ボタンをクリックして振替伝票入力を終了する。
預金出納帳にもどると、タイプに「[振伝]」と表示されてることを確認する。
これで振込手数料は支払手数料として経費に計上される。
もし、振込み金額に立替経費も含まれているときは振伝の2行目へ下記のとおり入力する。

貸方勘定科目:売掛金
貸方補助科目:立替経費
貸方金額:請求書の立て替えた経費の金額

「やよいの青色申告」で入力したときの覚えです。

日付 タイプ 相手勘定科目 摘要 預入金額 引出金額
伝票No. 生成元 相手補助科目 相手税区分 税区分 消費税額 消費税額
売掛金 預金通帳の支払内容転記
(請求書番号など追記)
預金通帳の
お預かり金額転記
取引先社名
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
借方補助科目 消費税額 貸方補助科目 消費税額 借方税区分 貸方税区分
支払手数料 貸借バランスのマイナス金額を
プラスとして
銀行振込
日付 タイプ 相手勘定科目 摘要 預入金額 引出金額
伝票No. 生成元 相手補助科目 相手税区分 税区分 消費税額 消費税額
[振伝] 売掛金 預金通帳のお支払内容転記
(請求書番号など追記)
預金通帳の
お預かり金額転記
取引先社名
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
借方補助科目 消費税額 貸方補助科目 消費税額 借方税区分 貸方税区分
売掛金 請求書の立替えた
経費の金額
立替経費
MiYABiSが入力したケースの覚書であり、これが正しいとは限りません。
あくまでも参考程度にしてください。心配なときは会計士や弥生のサポセンに問合せる事をお勧めします。もし間違いやこの方が良いなどあればコメント頂けると助かります。

関連記事:

Pocket
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: SOHO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.