NAnt でソリューションをビルドする為の設定ファイルサンプルです。
Microsoft Visual Studio 2005 のソリューションをビルドするときは NAnt 0.86 beta1 以降が必要です。
ビルドする環境に合わせて各プロパティ値を変更する事でビルド出来るようにしてあります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<project name="SolutionBuild" default="build" basedir="."
xmlns="http://nant.sf.net/schemas/nant-0.85.win32.net-1.0.xsd">
<description>
ソリューションのビルド
Microsoft Visual Studio 2005 のソリューションをビルドするときは NAnt 0.86 beta1 以降が必要
</description>
<!-- Properties -->
<!-- ソリューションが存在するフォルダ -->
<property name="Solution.Folder" value="Dev"/>
<!-- ソリューションファイル名 -->
<property name="Solution.Filename" value="Dev.sln"/>
<!-- ビルド結果の出力先フォルダ -->
<property name="Build.OutputFolder" value="DistributionModule"/>
<!-- ビルド対象(Release, Debug) -->
<property name="Build.Configuration" value="Release"/>
<!-- End Properties -->
<target name="build" description="Solution Build">
<solution solutionfile="${Solution.Folder}\${Solution.Filename}"
outputdir="${Build.OutputFolder}"
configuration="${Build.Configuration}">
</solution>
</target>
</project>

カテゴリー : NAnt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*