MSBuildについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイルコピーや属性変更、.NET アプリのビルドやテストケースの実行、コマンドラインによるツールの実行などお決まりの作業を自動化する Microsoft および Visual Studio のビルドツールです。
NAnt を使うか MSBuild を使うかは開発方法によって使い分けだと思いますが、MSBuild は .NET Framework 2.0 以降をインストールすれば標準で使えるようになるので NAnt の機能を使う必要がなければ MSBuild で事足りると思います。

ホームページ

MSBuild 本体

  • MSBuild の概要
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms171452.aspx
  • MSBuild リファレンス
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/0k6kkbsd.aspx

.NET Framework 3.5:C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v3.5\MSBuild.exe
.NET Framework 2.0:C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\MSBuild.exe

MSBuild 拡張ライブラリ

  • MSBuild Extension Pack
    http://www.codeplex.com/MSBuildExtensionPack

拡張ライブラリ準備

最新バージョン(現時点では 3.5.3.0)を下記からダウンロードして適当なフォルダへ解凍し、インストールするだけです。
http://msbuildextensionpack.codeplex.com/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=18971#ReleaseFiles

インテリセンス設定

スキーマファイル(XSD)をコピーします。
%ProgramFiles%\MSBuild\ExtensionPack¥*.xsd
-> %ProgramFiles%\Microsoft Visual Studio 9.0\Xml\Schemas\1041\MSBuild
%ProgramFiles%\Microsoft Visual Studio 9.0\Xml\Schemas\1033\Microsoft.Build.xsd へ下記を追記します。

<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.Biztalk.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.Framework.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.IIS7.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.JSharp.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.MSTFSBuild2008.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.Sql2005.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.Sql2008.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.Stylecop.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.Sync.xsd"/>
<xs:include schemaLocation="MSBuild\MSBuild.ExtensionPack.TFS.xsd"/>

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.