Visual Studio の終了またはオプションの設定が異常に時間がかかるときの対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual Studio の終了またはオプションの設定でOKしたときに、異常にDiskアクセスしてしばらく固まるようになってしまった。
リソースモニターでディスク活動を見てみると下記のファイルへのアクセスが異常に長くなっていた。

  • “C:\Users\USER_ID\AppData\Local\Microsoft\VisualStudio\10.0\1041\ExpansionsXML.xml”
  • “C:\$LogFile”

この場合、下記を削除することで解消するがスニペットの一部が認識されなくなるので、必要なものは再度インストールすることになる。

  • フォルダ:Visual Studio 2010のケース
    “C:\Users\USER_ID\AppData\Local\Microsoft\VisualStudio\10.0\1041\ExpansionsXML.xml”
  • レジストリ:Visual Studio 2010のケース
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VisualStudio\10.0\Languages\CodeExpansions

削除後の「ExpansionsXML.xml」を見てみると、元は7.58MBあったものが380KBまで小さくなった。

参照:
ExpansionsXML.xml Causes Slow Visual Studio IDE Startup
http://support.microsoft.com/kb/956549

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.