Active Directory を設定してみる

お疲れ様です!サーバーでいろいろサービスをセットアップするうえで LDAP 認証を使いたい時があります。環境がないと設定のテストができないので Active Directory サーバーをセットアップして LDAP 認証できる環境を整えてみます。
サーバーは仮想環境でもよかったのですが、NUC が余っていたのでへ Windows Server 2016 の評価版をインストールしたものを使いました。

Active Directory ドメイン サービスの追加

役割と機能の追加ウィザードで Active Directory ドメイン サービスを追加します。
サーバーの役割として Active Directory ドメイン サービスをチェックします。

必須機能の追加がダイアログが表示されるので「機能の追加」ボタンをクリックします。

注意事項が表示されるので、さらっと読んで「次へ」進みます。

今回インストールされる内容を確認して「インストール」を開始します。

インストールが完了すると追加の手順が表示されます。
「このサーバーをドメイン コントローラーに昇格する」をクリックします。

配置構成

実際にドメインの構成をします。
「新しいフォレストを追加する」でルート ドメイン名を指定します。

機能レベル、機能の指定はデフォルトのままでパスワードを入力します。

DNS オプションは設定するところがないので「次へ」進みます。

NetBIOS ドメイン名がデフォルトで表示されるのでそのままとし「次へ」進みまとし

パスはデフォルトのまま「次へ」進みます。

オプション内容を確認して「次へ」進みます。

前提条件チェックで警告とかも出ますが、最後にチェックい合格しましたと出たら「インストール」を開始します。

設定内容の確認

インストールが完了したら再起動してログインしなおします。
システムのプロパティでフルコンピューター名やドメインに設定したドメイン名が表示されるか確認します。

ドメインユーザーの追加

管理ツールを開いて Active Directory ユーザーとコンピューター を開きます。

ドメイン名 -> Users に必要なユーザーを追加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*