お疲れ様です!Mattermost は定期的にアップデートされてますよね。毎回でなくても適度にアップグレードしたいとこです。なのでちょいとアップグレードしてみます。

準備

ここを参考にアップグレードします。
3.0.0 のときは 3.0.3 にする必要があるようです。

Upgrading Mattermost Server — Mattermost 5.3 documentation

ダウンロード

最新をダウンロードします。投稿時:5.3.1
私の場合は Windows 版なので下記を参考にダウンロードします。

Mattermost を Windows でインストールしてみる#Mattermost を取得

ダウンロードしたファイルを適当なフォルダへ展開します。
ここでは C:\Dev\Mattermost_new に展開したとします。

サービス停止

Mattermost が起動中の時はサービスを停止します。

アップグレード

ここでは C:\Dev\Mattermost で稼働中とします。

既存ファイルのコピー

dataconfig\config.json を展開したフォルダへコピーします。
サービス起動するための WinSW を使っているので Mattermost.exeMattermost.xml をコピーします。
ログフォルダは必要ならコピーします。

C:Dev
├─Mattermost
│  │  Mattermost.exe
│  │  Mattermost.xml
│  ├─config
│  │      config.json
│  ├─data
│  └─logs
└─Mattermost_new

▼▼▼

C:Dev
├─Mattermost
│  ├─config
│  └─logs
└─Mattermost_new
    │  Mattermost.exe
    │  Mattermost.xml
    ├─config
    │      config.json
    └─data

新バージョンに入れ替え

既存のフォルダ名を変更し、新しいバージョンのフォルダを元のフォルダ名にします。

C:\Dev\Mattermost => C:\Dev\Mattermost_old
C:\Dev\Mattermost_new => C:\Dev\Mattermost

システムコンソール設定

サービスを起動します。
システムコンソールの設定にてどこかの値を変更、元に戻すをすると「Save」ボタンが有効になるのでクリックして保存します。これで新しく追加された設定項目はデフォルト値になり、その他は元の値のままとなります。

プラグインについて

仕様が変わったりでまだ本格運用には向かない感じなので自分は使っていませんが、プラグインは plugins フォルダが勝手に作成されて読み込まれていました。
prepackaged_plugins というフォルダに同梱されているプラグインがあり、起動時に展開されたような感じです。今後バージョンアップ時にプラグインフォルダを移動していくことになると思われます。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*