.NET 開発で Jenkins を使ってみる:インストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.NET の開発では TFS を使ってビルド環境が構築できますが、Jenkins の方が細かい所に手が届くし、無料なので Jenkins を使ってビルド環境を構築してみます。

インストール

Windows 環境で Jenkins を使うのであれば、Trac Lightning を使うのが手っ取り早く Trac も使えるようになるのでこれをインストールします。
最新は下記から取得できます。

ダウンロード先:http://sourceforge.jp/projects/traclight/releases/

TracLightning-3.2.0.exe を実行します。(投稿時のバージョン)

Trac Lightning セットアップ No 00

次へボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 01

今回はインストール先はデフォルトのままとし、次へボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 02

全てをインストールするのでデフォルトのJavaアジャイルインストールのまま次へボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 03

デフォルトのまま次へボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 04

初回インストールなので両方チェックして次へボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 05

インストールボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 06

すぐに再起動を選択して完了ボタンをクリックし、Windows を再起動します。
再起動後、ブラウザで http://localhost/jenkins/ にアクセスします。

Trac Lightning セットアップ No 07

ユーザー/パスワードは admin/admin で OK ボタンをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 08

Jenkins のトップページが表示されればインストール完了です。
もし表示されない時は、サービスに 『TracLightning(Jenkins)』 が登録されているか確認して、登録されていない時は下記のバッチを実行し Jenkins 起動をサービスとして登録します。

C:\TracLight\bin\install-service.bat

登録後、『TracLightning(Jenkins)』を開始し再度ブラウザでアクセスし表示される事を確認します。

Jenkins のバージョンアップ

インストールした時には Jenkins は古いバージョンなので最新にしてしまいます。
左側メニューの『Jenkinsの管理』をクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 09

自動でアップグレードをクリックしてアップデートします。

Trac Lightning セットアップ No 10

Trac Lightning セットアップ No 11

インストールが完了したらサービスを再起動します。
最新だとデザインが変わってるのでアップデートできているかすぐに分かります。

Trac Lightning セットアップ No 12

『Jenkinsの管理』にてアップグレードの指示が消えているか確認します。
その時下図のようなエラーや警告が表示されていると思います。

Trac Lightning セットアップ No 13

まずは『リバースプロキシーの設定がおかしいようです。』を消します。
エラーメッセージ横の中止をクリックして解決します。

次にセキュリティを有効化します。
警告メッセージ横のセキュリティ設定をクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 14

セキュリティの有効化にチェックを入れ、アクセス制御のユーザー情報はJenkinsのユーザーデータベースを選択し、ユーザーにサインアップを許可をチェックします。
権限管理はログイン済みユーザーに許可を選択して保存をクリックします。
これでログインした人だけがJenkinsを制御出来るようになります。
もし再表示した時にログイン出来ない状態に陥ったときは設定時に間違えた可能性があります。その時は”C:\TracLight\projects\hudson\.hudson\config.xml” を下記の通り修正してください。


<useSecurity>true</useSecurity>
を
<useSecurity>false</useSecurity>
とする。

ユーザー作成

画面右上のサインアップをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 15

全て入力してサインアップをクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 16

トップに戻るとログインした状態になります。

プラグインのアップグレード

最後にプラグインのアップグレードをします。
Jenkinsの管理を開きます。

Trac Lightning セットアップ No 17

プラグインの管理をクリックします。

Trac Lightning セットアップ No 18

全てのプラグインのチェックを入れてダウンロードして再起動後にインストールをクリックします。
全て完了したらサービスを再起動すれば完了です。

関連

.NET 開発で Jenkins を使ってみる:ビルド

関連記事:

Pocket
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.